6月16日 和菓子の日厄除けと招福を願って

6月16日「和菓子の日」をご存知ですか。
和菓子に親しみ、和菓子を食べることで健康招福を願う日です。

6月の手土産は、和菓子の日にちなんで、和菓子を贈ってみませんか。
普段は和菓子をあまり食べないという方にも、
大切な方の幸福を願い贈る、
1年に1度の機会としてなら、会話も弾みます。

梅雨の季節なので、涼しげな「水ようかん」や
季節感あふれる「夏季限定ささらがた」がおすすめです。

POINT

  • 「和菓子の日」の由来

    西暦848年、仁明天皇が御神託に基づき、6月16日に16の数に因んだ菓子や餅を神前に供え、「嘉祥」と改元したことが由来とされています。
    「嘉祥の祝」は、疫を逃れ、健康招福を願う、おめでたい行事として、明治時代までは盛んにおこなわれました。
    一時期は衰退しましたが、昭和54年(1979年)に全国和菓子協会が、「和菓子の日」としてよみがえらせました

    6月16日は、和菓子文化にも触れてみてはいかがでしょうか。

その他の
おすすめ商品Recommended
product